初公開

いやー、連日慌ただしいのに,ニュースに載せるネタが切れてしまいました。
いつまでも更新しないのはなんなので、事務局のデスクでも・・・。

年度末を控えて、なにかと追われまくりながら、この期に及んでホームページの
工事を行なっています。

e0001954_16151928.jpg
イラストレーターというお絵描きソフトで画像を作り、フォトショップで
処理し、ファイヤーワークスで二次加工、ドリームウィーバーでレイアウトする。という、やたらめたら手の込んだ手法のため、じりっじりっとしか進みません。



全部出来るのはいつの事やら、なので、とにかく出来た分からUPしています。
HOMEの黒板の位置が変わっただけ、とか、戸渡点景,という看板を入れただけ、
ということもあります。(笑)
とにかくUPしてみないと、どんな風に反映されているのか分からないので。

覗いていただく時のソフトによっては、せっかくの凝りに凝ったレイアウトが変わって
しまうようですが、この対処がまだ分かりません。
ああ,先は長いわあ。
# by yamanogakkou | 2006-02-19 16:25

あっぱれ!

おととしから、民俗学の太田史人さんが戸渡の聞き書きをしてくれています。

e0001954_2145292.jpg

太田さんはいわき市内はもちろん県内あちこちを調査し、広域的な視点で戸渡を
見つめ続けています。
まとめて下さったものを、この3月からリターンプロジェクトで発行していく予定です。



先日、聞き書きの追い込みで、戸渡の芳子おばちゃんと一民区長に協力してもらい
ました。
事務局も、途中から芳子おばちゃんのお話を一緒に聞かせてもらったのですが、
いや、あっぱれ!! 時を超えて、60年前の戸渡の姿が鮮やかに蘇ってきました。

e0001954_21142712.jpg
京子さんとこ、好己さんが田の草取り手伝いに行ってやれって。
そしたら、一服のときにソバガキさ作って食べさせてくれたの。
みんな蜂たててたからね。蜂蜜かけてくれて
おいしかったあ。忘れらんない。


 e0001954_21152727.jpg


こどももね。おんなじ。働くの。
赤ん坊背負ってね。みんならは山さ行くから、
おいらは炊き出し。赤ん坊が泣いてね。



この日、区長の家から、たくさんの戦前からの戸渡の写真が!
戸渡では県で最初の広大な乳牛の牧場やっていたんですって!!すごくない?

うう、纏めるのが大変だけど、わくわくするー。
# by yamanogakkou | 2006-01-29 22:05

雪がない

めずらしいことに、雪のない大寒でした。

12月に降った雪がしばらく堆く残っていたというのに、先週2.3日間冬型が
崩れて雨となり、すっかり溶けてしまいました。

12月の積雪も珍しかったけど、ほとんど雪のない1月というのもあんまり
なかったように思います。

新潟や会津地方の雪害で苦慮している方達は本当に大変ですね。
犠牲者もたくさん出ています。心からお悔やみ申し上げます。
異常気象と一言でかたずけていい事ではないように思います。

e0001954_22531732.jpg



ぬっくりした校庭
このところ気温が下がっていますが、
雪にはならないなあ。




私事ではありますが、本業の方のスタッフが年末に倒れてしまい大忙しです。
このままでは山の学校の運営もままなりません。
緊急にスタッフ募集しています。

興味のある方は http//:www.milletfarm.com/をご覧下さい。


# by yamanogakkou | 2006-01-22 23:12

季刊誌『住む』に

山の学校が掲載されました。
農文協刊、12月27日発売の冬号。
「特集・もったいないの楽しみ方」【廃校再利用は、いま】の記事です。
(取材の様子は、このニュースの11月10日号『猪突猛進』に)

東京の台東デザイナービレッジや、茨城の大子おやき学校の例とともに、山の学校
の様子が、しっとりと、気負いなく紹介されています。
(なんと、一番ページ数が多い)
 
e0001954_933563.jpg



この雑誌は事務局も以前から愛読しておりまして、
取材の依頼があったときはびっくりしました。


既にしっかりと活動している二校に並んでの紹介で、気恥ずかしいことしきりですが、
とても光栄でもあります。




取材を受けると、山の学校のあり方を客観的に見ることができ、とても勉強になります。

山の学校が完成するのは、まだまだ先だと思ってはいますが、これまでにも
戸渡の人たちや応援団、協力して下さった本当にたくさんの人たちとで、ひとつ
ひとつ、小さな完成形を積み上げていたのですね。
ありがたい事です。(涙)


さて、いよいよ今年も後3日。
戸渡では、上條さんが2週間滞在し、事務局の稼業でこき使われながら、極寒の戸
渡を体感し、住まいの準備を始めています。

e0001954_107221.jpg


とりあえず、事務局の仕事場の二階に
住み、織り工房を分校の物置(旧音楽
室)を改修して作ります。

暖かくなったら遊んであげて下さい。


先日、17日の戸渡地区臨時総会で、地区のみんなに上條さんを改めて紹介。
村一番の若手となるため、みんなの目は期待でキラキラ輝いていました。

この総会では、次年度以降の分校使用について、地区の人のスタンスを確認し合
い、校舎校庭の購入の可否、その金額や資金づくりなどについて話し合いました。
また、学校の運営以外にも、農的事業についてプランを話し合いました。(この
内容は企業秘密よ)

来年は、また一歩前進する(予定の)山の学校=戸渡地区です。


さて、ニュースを通して山の学校を見つめて下さっている方々、様々な形でサポー
トして下さっている皆様、今年も大変お世話になりました。
おかげさまで、今年も相変わらずの七転八倒ながら、なんとか無事にじりじりと
前進する事ができました。

戸渡地区民一同、そして戸渡リターンプロジェクトから、心よりお礼申し上げます。
どうぞ皆様、おからだを大切に、よいお年をお迎えくださいね。


ー季刊誌『住む』は全国の書店で販売されています。読んでみて下さい。ー
# by yamanogakkou | 2005-12-29 10:51

この冬は

一段と寒さが厳しいようです。
先週の大雪の中、戸渡では長老の葬儀でしたが、お坊さんも山を上がって来れず、
一切の儀式を小川の町うちで行ないました。
またひとつ、山間地の慣習が形を変えていきました。

さてさて、ところで嬉しいニュースです。
今年4回目になる『ムービー俳句・短歌祭』で『山の学校グッズ研究会・絵本制作
委員会』の笠井ちゃんの作品『出会い』が入賞しました。

e0001954_180471.jpg


   とわだ遊学の森で森の妖精たちを
   元気に遊ばせた力作。

   審査員の目は点になったとか。




また、光洋高校美術部の須藤麻之さん、田所彩さん、斉藤亜美さんの3人が
優秀賞を獲得。
この賞金から、山の学校に多額の寄付をして下さいました。
大感謝! 大感激! ありがとうございました。 (涙)  有効に使わせていただきますね!

e0001954_1804013.jpg

応募作品は海外も含めて
全国から177作品。

優秀賞は全部で5人。
この中に光洋生3人が選ばれました。
大快挙!!



笠井ちゃんの応募作品3点にテロップを入れて、このホームページの表紙で順番に
紹介します。。見てね。(今回のは『遊ぼ』です。)

『ムービー俳句・短歌祭』は森美術館、いわきデザイン会などの主催で毎年行なわ
れています。
いわきから全国に発信しているすてきな事業です。
来年は「山の学校」でも応募しますよ。皆さんもいかがですか。
ムービー俳句・短歌祭ブログ   http://blog.m-h-t.daa.jp/

尚、12月21日から25日までいわき市文化センターで行なわれる『手作り絵本
展』に、山の学校絵本制作委員会が、妖精たちの絵本を出展します。
是非見に行って下さい。
# by yamanogakkou | 2005-12-13 23:11

『日々の新聞』で紹介

『日々の新聞』の66号、11月30日発行の特集として「山の学校通信」が掲載
されました。

今年の元旦号に続いて、今回も真ん中の見開き2ページにドカンと載せて
いただき、またもやびっくり仰天。
ひえ〜。
e0001954_132731100.jpg

リターンプロジェクト設立から5年目を迎え、冬を迎える山の学校の様子が
たくさんの写真とともに紹介されています。

また次に載せていただける事があれば、今度は戸渡のみんなの笑顔が紹介
できるように、がんばらなくては、と思いました。

e0001954_14214810.jpg



『日々の新聞』は長く新聞記者をなさっていたお二人が、いわきの地に深く心と想いを込めて編んでいる質の高い冊子です。
皆さんもこの機会にぜひ読んでみて下さい。
意外な「いわき」をたくさん知る事ができます。





新聞のお申し込みは、山の学校HOMEの『よろず窓口』か『日々の新聞社』へ  
日々の新聞社URL http://www.hibinosyinbun.com/
# by yamanogakkou | 2005-12-03 14:37

わ〜い

雪だ〜〜!

と喜んで見せたものの、実は 「とうとう来たか」というのが正直なところ。
まだうっすら。
この程度のフリとしては時期として例年並みでしょう。

おおむね、12月の雪はすぐ溶けます。

e0001954_119255.jpg


7:53am
十文字(戸渡からほんの少し平より)
R399の雪でーす。




この写真を撮った10分前、15キロ下った横川では、紅葉がきれい。
ああこの違い。

e0001954_11123578.jpg


       7:42am
       横川のカエデでーす。
# by yamanogakkou | 2005-11-30 11:21

おひさしぶりでーす

ということで、約一年ぶりに『日々の新聞』が取材に来て下さいました。

一昨年の3月、〔まち残し考〕のページに〔進まない分校校舎の保存〕という
タイトルで、スタートして1年半経った戸渡地区の取り組みを大きく報じて下
さいました。

また、翌年12月の取材は、2005年の元旦号の特集記事として〔とわだ山の
学校〕を見開き2ページ全体に掲載して下さり、その記事の大きさにみんな
びっくりしたものでした。

e0001954_23363026.jpg
今回は編集長安竜さんと記者の大越さんがおふたりで。

「イヤー、やっぱり寒いですねー。」

(プロのお二人にカメラを向けて緊張。少しピンボケでした。ごめんなさい。)


大越さんは、いわき民報の記者だったころ、まだ学校として健在だった戸渡
分校の生徒の様子を新聞の連載記事にして下さっていました。

e0001954_2349579.jpg

12年前の大越さんとウチの長男(このニュースの色彩乱舞でコケの映像を撮ってるヤツです)

後ろ向きでざんねーん
# by yamanogakkou | 2005-11-26 23:58

エンジョイ小川郷

無人化した小川の駅を、地域の人が行き交う拠点にしようと活動している「小川郷
駅を明るくする会」主催のイベントに参加しました。
年に一度、駅前駐車場と駅舎を使って、子供会や商工会なども参加し、地元の
大人や子供の出し物も交えて盛大に行なわれています。

昨年から主催者のご厚意で、駅舎で戸渡のアピールブースを出させていただき、
「戸渡も小川の一地区としてがんばっているよ」と、なにげに宣伝しています。

e0001954_8553276.jpg

内倉湿原の展示と並んで、戸渡の活動や風景の写真を展示しました。

「へえ、モリアオガエルがいるのけ」
「来年もキャンプできますかあ?」
「見に行ったよ。いいとこだねえ」
e0001954_8585139.jpg





アトラクションが始まると、もっと人が来ます。
子供会のフランクフルト、ポテト、カレー、豚汁
野菜販売や輪投げ等のゲームも。




この日は戸渡の歴史調査をして下さっている太田史人さんが、応援団小楠さん、
明星大院生小野さんといっしょに戸渡に来ました。

太田さんは、小名浜で古本屋さんを開く準備中。
分校で使わなくなった古い本棚などを取りに来たついでに、物置になっている
旧音楽室を3人で整理し、大掃除して下さいました。
感謝感激。

e0001954_1922281.jpg

ああ、この本3000円にはなってるのに・・・(古本屋の目)
ぼろぼろだー。

がっかりしてないで、
がんばって早くかたずけよう!
e0001954_1964650.jpg






方言を調べている小野さんに
区長が戸渡の言葉を説明しました。






山の学校にアピールブースを提供して下さった小川郷駅を明るくする会の皆様、
展示に写真を提供し、作業を手伝って下さった深沢先生、そして太田さんたち
みんなありがとうございました。
お疲れさまでした。

*太田さんが開く古本屋さん「じゃんがら堂」は12月オープン予定。
  本棚や陳列台など寄付できる方は山の学校にご連絡ください。
# by yamanogakkou | 2005-11-15 20:47

色彩乱舞

去る11月9日(水)。
戸渡の植物調査をして下さってる深沢先生に、いわきの森に親しむ会の草野さん、
野口さん、真鍋さんが加わり、帰省していた長男と友人も合流して、遊学の森の
ロングコース探索をしました。
おりしも紅葉真っ盛り。
絶望的ともみられていた今年の紅葉は、見事にその晴れ姿を見せてくれました。

e0001954_12585849.jpg e0001954_12594256.jpg
e0001954_1313129.jpg 
 e0001954_1324073.jpge0001954_133616.jpg




















    きれいでしたよーーー。
    大きい写真で載せたいですね。




e0001954_137103.jpg



  ひんやりした空気、暖かい日差し。
  調査もはかどります。
e0001954_1394188.jpg







映像のネタにコケを撮影。
アップでみると恐い・・・
# by yamanogakkou | 2005-11-14 13:23


あ!


by yamanogakkou

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ようこそ やまのがっこうへ


 メインサイト
ようこそ やまのがっこうへ


いわきのはじっこ
山のなか
小さなむらがありました
むらのまんなか道のそば
ふるい校舎がありました
大事にして町のみんなに
つかってもらおう

むらのはじっこ
森のなか
おおきな川がありました
二百年生きたモミの木や
天までのびたフジのつる
草刈って 町のみんなにも
みせてあげよう

20人のむらびとが
えんやらどっこい
がんばった
それを見ていた町のひと
みんなたのしく
おてつだい



ブログパーツUL5

ライフログ

フォロー中のブログ

止まるとこける百姓日記
イシハナ雑記帖
朱鷺に守られて佐渡ヶ島の...
まい子通信

以前の記事

2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧