第10回 山の音楽会 秋味 音たち 森のかぜ

掲載が遅くなってすみません。
e0001954_8593132.jpg

詳細はホームページの“ことしのもようしもの”をご覧下さい。
http://www.yamanogakkou.net/kotosinomoyoosimono.html

19日夜詳細決定。昨日調整、ということでやっとチラシを大量にプリントするにもプリンター故障し・・・
あいかわらず、“わはは”な状態ですが、交流会的に楽しくやろうと思います。
石窯で焼いてみたいものがあったら持ってきて下さいね。

校舎の工事中なのでプログラムに宿泊は入れられませんでしたが、前日例の雑魚寝でよかったら図書室に泊まれます。
ただし、現在給食室がないのでお食事の提供はできません。ごめんなさい。
# by yamanogakkou | 2006-10-23 09:14

ポストがなくなった。負けるもんかの再起動=その4と5と6

先日、とわだ分校の東屋の前にあったポストがとうとう撤去されました。
e0001954_054186.jpg
戸渡地区で唯一のポストでした。これからは車で川内村か小川町中心部のポストまで行かなくてはなりません。


押し寄せる過疎の波になんか負けるもんか。
地区のみんなで集落協定を結び、耕作しなくなった田んぼを再利用するための活動が始動しました。

市役所農政課の担当者は、リターンプロジェクト旗揚げの時期に地域振興課にいて力強く支援してくれた鴨さんです。ご縁ですね。
e0001954_0153529.jpg
「がんばってますねー。でも、もう少しちゃんと草刈ってくださいねー。」
e0001954_0194975.jpg
「今度の検査では100点取るぞ。」晴れて新住民となった小玉夫妻も草刈り機初体験でがんばります。凄い戦力。


いよいよ校舎の修理も始まっています。
まずは床が腐って穴の開いた給食室の解体から。
e0001954_0262565.jpg
「おやおや、コンクリートの階段がでてきたぞ。」 国道が通る前はここが分校の玄関でした。


そして久しぶりに、光洋高校美術部が新しい山の学校グッズの材料集めにやってきました。
一年生ニューフェースでーす。よろしくです。
e0001954_0334544.jpg
「なーんか栗ばっかりだしー」もうちょっとあとの方がいろいろあるかもよ。かわいいの作ってね。わくわく。
# by yamanogakkou | 2006-10-19 00:49

再起動=その3

激しい雨風が 足掛け3日も続き、道路の決壊など心配しました。
平辺りで、R399号線不通の噂もあったようですが、いやー,戸渡は勢いついていますからね。
心配してメールやお電話下さった方、ありがとうございました。
無事でしたよー。

それでもメタセコイアの枝がいっぱい落ちて校庭一面に広がっていました。
e0001954_2317382.jpg



そして先日、喜悦さんが作った架台にソーラーパネルを設置しました。
e0001954_2321374.jpg
これで安心して、柔らかいお日さまの明かりで、夜の野外調理や食事や入浴ができます。
事務局もドラムや投光器を担いで走らなくてもよくなりました。
e0001954_2321577.jpg
予備電力でパソコンもできます。(請求書を作っているソーラーのらやさん)


十数年前、当時戸渡に引っ越してきた菊代さんの呼びかけで、女性だけの集まり“十九夜さま”が復活しました。
e0001954_23393714.jpg
今年もあれこれ持ち寄って新旧が楽しく集う中、なんと偶然にも,今は横浜に転居された菊代さんが通りかかりました。
「まるで呼び寄せられたみたいですねえ。」
e0001954_23495057.jpg
おいしいものの話題は世代と故郷を超えて。
e0001954_23482416.jpg

# by yamanogakkou | 2006-10-08 00:20

再起動=その2

山の学校ホームページのカウントも13000を超えました。
ちっとも更新しないのに、根気よく覗いて下さる方々にひたすら感謝です。

思ったより厚かったドミノの壁ではありますが、みなさんのおかげで山の学校は粛々と着々と動き続けています。


さて、先日戸渡で行なわれた道陸神祭。
今年も地区内で不祝儀が続いたため、住民だけ公民館でひっそりと行ないました。

事務局にマムシの捕獲の仕方を講習する力さん。
e0001954_038235.jpg
「優しくさすってやんだかんね」
「ふええ〜〜」


わらわらわら
e0001954_0394360.jpg
「よーし記念写真撮ろう」「どんどん減っていくからなー。記録しとかなくちゃあ」
寂しい言葉とは裏腹に、新旧住民がしっとりとまとまってこぢんまりと楽しい宴でした。



そして平の街なかコンサート,アートアンドクラフトフェアで“戸渡ブース”を出展して下さった山の学校グッズ研究会、光洋生,応援の人たち,台風の中大変お疲れさまでした。今年で3回目となりました。

あれれれ。
e0001954_041759.jpg
2日目は風雨で、事務局が水を担いで辿り着いた時には中止でした。
でも,戸渡の水で入れた石臼挽きコーヒーは大好評だったそうです。

グッズ研究会制作の森の妖精たちはバージョンアップし、界隈さん(ギャラリーとおいしい食事)で販売していただく事になりました。
e0001954_0433374.jpg
ぜひ行って見て下さい。すごい力作ですよ。(平、文化センターより北。新川緑地公園沿)



そして7〜8月のキャンプに備える予定だったソーラパネル設置が再起動。

パネルの架台もぜひ戸渡の木材で。
地元戸渡の喜悦さんが杉の搬出から加工までを一日がかりでやってくれました。
e0001954_04637100.jpg

e0001954_0472581.jpg
チェンソー一本で切り出しからホゾ作りまで。チェンソーが腕の一部のようでした。
せっかくのお休みにお疲れさまでした。かわいい架台になりました。



いよいよ秋の山の音楽会の話題もあちこちでちらほら。
2006年度も後半に向けて頑張り時です。
# by yamanogakkou | 2006-09-25 13:33

再起動=その1

倒れかかるドミノの壁を押しとどめ、ぼちらぼちらと復活戦開始です。

中断していた分校補修工事ですが、都合のつかなくなった愛ちゃんに代わって内郷の草野さんが登場して下さいました。
監修は応援団最古参の猪狩さん。(KVCデザイン室)
e0001954_22113239.jpg

猪狩さんは、戸渡の人たちが分校を保存するか否か迷っていた時期に、大工さんの草野さんと訪れて下さり、リターンプロジェクト立ち上げのきっかけを作って下さったお一人です。
その後も影に日向にたくさんの援助をして下さっています。
今回も事務局の急なお願いを快く引き受けて下さいました。
大感謝!!


さて、まずは現在の職員室を給食室に改造するため、職員室の大片付けをしました。
大玉小玉ちゃん、おてつだいありがとう。
e0001954_22205782.jpg

e0001954_22214493.jpg

このお二人は、戸渡での定住を希望して東京から越して来てくれた小玉さんご夫妻です。
現在教員住宅で分校の見張り番をしながら、定住地購入を地主さんに交渉しています。

羊飼いと綿の栽培を目指しています。いろいろな芸も持っています。(笑)
がんばれー!!がんばれー。


尚々!今月17日18日(日)(月)平の街なかコンサートの際、新川緑地公園でグッズ研究会が戸渡ブースを出展して下さいます。3年目の出展です。
e0001954_22402100.jpg

戸渡の梅ジャムなども販売予定。妖精も増産しているそうです。
『みんな来てねー!!』
絵本の原稿もできて出版社物色中。
がんばれグッ研!!頼んだぜ。
# by yamanogakkou | 2006-09-10 22:48

いつのまにか

朝夕の風が涼しい季節になってしまいました。

大変ご無沙汰しています。皆様お元気でしょうか。

この春に冊子の発行をし、さらに石窯作りに続いて山の音楽会を行い、地区で農業再検討の集落協定を作り、校舎修理の補助金申請も採択されました。

さらなる移住希望者も現れ、大口のキャンプも二組行なわれ、絵本の編集も進み、相変わらず着々とじりじりと進行しつつあった山の学校構想も、あるひとつのきっかけで暗礁に乗り上げています。

こうなると、ドミノ倒しのように更なる問題が発生し、歯茎の骨が砕ける程(本当です) 歯を食いしばってがんばりましたが、少々、挫けつつありました。

でも、今までも、再三こういうことは起きながらもなんとか乗り切ってきました。

きっと今回も乗り切るのでしょう。(なーんだ=笑)

トラブルをきっかけにして軌道修正し、見つめる方向が正しいことを信じていると,不思議に道は開けてくるようです。

ただ一途に頑張るのではなく、自分に優しくしながら、脇見もしながら、周囲に気を配り、本来自分に一番大切なものを見失わないように、やっていこうと思います。

誠に勝手ながら、改めまして、ご支援よろしくおねがいいたします。

尚、大変申し訳ない事に、メーリングリストが機能しなくなっていました。
今まで参加して下さっていた方、本当にごめんなさい。

お手数ですが再度下記アドレスまで参加お申し込みください。申し訳ありません。
http://mlw.plala.or.jp/ml/bunkou/main/index.html

なお、この活動に興味のある方も是非お申し込みください。
ブログには書かない内緒話(!)やニュース更新のお知らせ、ミーティングや交流会のお知らせなど致します。

e0001954_0141198.jpg
(田んぼを散歩するキャンプの参加者)
# by yamanogakkou | 2006-08-30 00:27

おまたせしました

大変遅くなりましたが、第9回山の音楽会のご報告です。

朝からはっきりしないお天気で、いつものような受付の混雑もなく、時折の雨にジタバタしながらそれでも総勢100名の方がいらっしゃいました。

料理の提供や宿泊対応の関係から、関係者含めて100名ちょっとが許容量だったので、まさにぴったりでした。


         砂播き
e0001954_22525556.jpg
雨のたまったグランドに。応援団野口さんやライターの渡辺さんも混ざって。
「土砂降りにならなくてよかったねえ。」

            
         石窯ピザ焼き
e0001954_22395173.jpg
 「おやじ、いくぜ 」   「おお」

           
        火入れ式の祝い太鼓
e0001954_22445999.jpg
ちょうど天気も良くなって。「いや迫力だねー。」


        ふるまいピザ
e0001954_23302683.jpg
最高の出来でした。柏の葉っぱに乗せて。


     塩の道交流
e0001954_23272456.jpg
とれとれのホッキ貝を担いで来てくれた久之浜の村爺ありがとう!「おいしそう!」(イワナ&まい子)


          しばし
e0001954_2335141.jpg
賄いの手を休めて。「若い子の太鼓もいいねえ」=戸渡レディーズ


          いよいよ
e0001954_23401043.jpg
いわきの森に親しむ会の遊学の森でのプログラムを終え、テクノの生BGMから音楽会の始まり。
まずは戸渡Iターン候補の小玉さんの三線。「けーこさん、いきなりなんだものー」いいえ、いきなりではなくちゃんと目論んでいましたとも。(笑)

  
          そして
e0001954_2346249.jpg
いい写真がなくてごめんなさい。
メタセコイアとともにライトアップされたステージは熱気の渦。

折しも降り出した雨に、太鼓が駄目になるのを覚悟の上で最後までがんばってくれたLa!ハラトミ太鼓の演奏は素晴らしかった。

呼応するように漏電と戦いながら頑張ってくれた映像の零式(分校OB)、照明のクロスロードのお二人、音響サポートのあつし、大変でしたね。

お客様も雨を避けて帰る人などなく、夜の山の霧雨の中で、皆が一体となったような一種幻想的なコンサートとなりました。

このあと、交流会や露天風呂入浴、蛍を見ながら深夜までの歓談と続き、翌日はいわきの森に親しむ会と区長の案内で朝から散歩。
モリアオガエルの卵も見たり、田んぼでオタマジャクシ採り。
そして同じく森に親しむ会の指導でクラフト作り。

お別れ会の後、「また来れるよね」と、何度も何度もお母さんに確認していた子供の姿が嬉しかったです。


お忙しい中、イワナとともにお手伝いまでして下さった進士さん、石窯作りに挑む勇気をくださいました。最後までサポートして下さいました。
e0001954_020168.jpg
「おめでとうございます!!これからもがんばって。火はきっとみんなの宝になります」本当にありがとうございました。


そして応援団から野口さん、村爺、勉子さん、小楠さん、羽田さん。
プレIターンで来ていた小玉さんご夫妻、露天風呂仕上げの愛ちゃん。宮城から様子を見に来ていきなりスタッフにされた征二さん。
片付けや会場作りをサポートしてくれた太田君、関口さん、あつし。
東京から駆けつけて強力なスタッフとなった櫻田さん。
新潟から来て、作品をプレゼントしてくれた五十嵐ファミリー。
そしてそして、いわきの森に親しむ会の皆様。
大変お疲れさまでした。ありがとうございました。

そして相変わらずの底力、戸渡男衆、とわだレディーズ。
分校最後の卒業生3人組。
区長2世正寿くん。親戚の人。
事務局本業研修生まい子。新住民上條さん。
みんながんばりましたよね。

そして様々なサポートを強要されてへろへろになった父ちゃん、ごめんなさい。

おかげさまで今回も小規模でしたが、つつがなく、皆様にとても喜んでいただけた「山の音楽会」となりました。

改めまして、皆様大変お疲れさまでした。

そして遊びに来て下さったお客様方、本当にありがとうございました。
また、いつかきっと遊びに来て下さいね。


PS、宮城のライター、渡辺征二さんが戸渡のフォトギャラリーを公開して下さいました。
http://www.streambank.info/ishigama/
また関内さんがブログに戸渡ページを作って下さいました。
http://moon.ap.teacup.com/applet/neonboy/msgcate3/archive
是非ご覧下さい。

なお、この音楽会の様子を間もなく写真集としてアップします。
山の学校URLのHOMEから入って下さい。
# by yamanogakkou | 2006-07-18 01:16

石がま作り飛び入り

e0001954_8552162.jpg

先週18日、おそるおそる石窯に火を入れました。
連日の雨で薪も窯も湿っていて温度が十分に上がりませんでした。ぶすぶすぶすぶす。


e0001954_10113085.jpg



21日は小屋掛けの棟上げ。
地元の亘さんの音頭取りで進行します。
e0001954_10125878.jpg

e0001954_10182321.jpg







駆けつけてくれた若い助っ人大工さんと亘さんのチームワーク










亘「おっとっと」
愛「だいじょうぶですかー」






そして昨日、おとなり川内村から救援隊が!

e0001954_8565726.jpg





仕上げのセメント塗りに。
e0001954_8573570.jpg







「ほらほら,こういうのはね,楽しくやらなくっちゃ。」
え、そんなこと言ってない?
e0001954_8582055.jpg








・・・ぺたぺたぺたぺたああ,どんどんかわいくなっていく。







川内村高田島の小塚さんはじめご一行様、ありがとうございました!!
事務作業に追われまくり,溶解点に達していた事務局はお会いする事もできずとても残念でした。
(このプログのコンテンツのエキサイトブログから小塚さんのプログ=高田島の小さな農縁から=に入れます。)


来週日曜日は地元で音楽会の会場づくりと,ピザや野菜の試し焼きをします。
でも、手が足りません。

そうだ!お手伝いに来てくれた人には石窯で天然酵母パンも焼いてあげよう!




さて,話は戻って、棟上げの日には、遊学の森の散策に8人の方がいらっしゃいました。
大工の愛ちゃんの赤ん坊(楽人)をしょってガイドに行った事務局ですが、途中から参加者の方におんぶしてもらいました(笑)。ありがとうございました。

e0001954_1152993.jpg

図書室でお昼ご飯
「楽しかったねー。」
「すごい森だったね」
「これから川内の高塚山に行ってみます」

げ,元気だ!




さて,おまけです。
e0001954_11111717.jpg



遊学の森で戸渡川をじっと見つめる人影が。
さあ、このひとはだれでしょうね。
# by yamanogakkou | 2006-06-24 09:00

きゃー、かわいい!

と言う石窯ができつつあります。

e0001954_1444258.jpg

e0001954_14456100.jpg



ここに久之浜から貝殻が届いたら貼付けます。









e0001954_14545075.jpg




仕上げの前に、レンガのつなぎを補修するまい子ととうちゃん。
e0001954_14565821.jpg









工事の進捗を見守りながら、小屋掛け(屋根を付ける)の打ち合わせをする、愛ちゃんと地元亘さん。





愛ちゃんは子連れ大工さん。東屋の骨組やトイレの仕上げでお世話になりました。
校舎の修理もお願いします。


先日11日、戸渡2世ふたりや上条さんも混ざってようやく石窯にお化粧しました。
貼ったタイルは上条さんの友人が作ってくれたものです。

いやいや、名前名前。なまえつけなくちゃね。(笑)
# by yamanogakkou | 2006-06-14 15:23

なぜ

一人の人間には、ひとつの身体とひとつの頭しかなのだろうか。(独白=(笑))

さて山の学校も5年目となり、再度活発に動き始めています。
たくさんご報告する事が溜まってしまいましたが、とにかく内容決定が遅れに遅れてしまった山の音楽会です!!

e0001954_8344561.jpg

石窯の火入れ式を祝っての開催です。テクノ風和太鼓という新ネタです。
昼から夜の開催。宿泊可。うまいもの食い放題。婦人部が石窯とミニ模擬店でがんばります。

スタッフ大募集!!です。
プログラム詳細や参加お申込は「ようこそ山の学校へ」の「ことしのもようしもの」に!
http://www.yamanogakkou.net/kotosinomoyoosimono.html

サイトの表紙に音楽会出演者の演奏を動画で入れたのですが、なぜかマックでしか見れないようです。う〜〜〜ん。




そして、さて、これまたアップの遅れた石窯進行ですが・・・

e0001954_98087.jpg


先月26日,あぶくま自然大学チーム登場!!
まず学長の進士さんが炉を組み始めます。
e0001954_913020.jpg









いよいよだぞー。山の学校チームもいっしょに。
e0001954_9351449.jpg










型紙でドームのイメージを作ります

e0001954_918479.jpg









扉部分に型枠を入れます。
e0001954_9191545.jpg









周りをどんどん積んでいきます。
e0001954_919532.jpg









天井部分に型を入れ,鉄筋を廻します。(ここからは山の学校チームで)
e0001954_9224079.jpg








天井を耐火セメントで固め、脇に補助燃焼室を付けます。
e0001954_9242469.jpg









補助室側からの側面。
e0001954_9245998.jpg









炉完成。やったぜ!
扉と煙突はこれから。
e0001954_1015699.jpg











おつかれさま〜〜〜!!
e0001954_1004887.jpg









あぶくま自然大学チームの皆さん。戸渡マル秘名所の○○滝にて。






お手伝いに来て下さった櫛田さん、川内の出戸さん。
学校チームの手が足りなかったので大変助かりました。お疲れさまでした。
また遊びに来て下さいね。

今週金曜日から(9日)から日曜日(11日)までの3日間は、この炉をモルタルや粘度で覆います。
石やら、ビー玉やら,タイルやら、貝殻やら,何でもべたべたくっつける楽しい作業が待っています。皆さん遊びに来て下さい。

尚、6月24日あたりと7月2日に地区の人たちとピザや野菜の試し焼きをします。
飛び入り歓迎です。どなたもご遠慮なくご相伴に来て下さい。お待ちしています。
# by yamanogakkou | 2006-06-07 10:38


あ!


by yamanogakkou

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ようこそ やまのがっこうへ


 メインサイト
ようこそ やまのがっこうへ


いわきのはじっこ
山のなか
小さなむらがありました
むらのまんなか道のそば
ふるい校舎がありました
大事にして町のみんなに
つかってもらおう

むらのはじっこ
森のなか
おおきな川がありました
二百年生きたモミの木や
天までのびたフジのつる
草刈って 町のみんなにも
みせてあげよう

20人のむらびとが
えんやらどっこい
がんばった
それを見ていた町のひと
みんなたのしく
おてつだい



ブログパーツUL5

ライフログ

フォロー中のブログ

止まるとこける百姓日記
イシハナ雑記帖
朱鷺に守られて佐渡ヶ島の...
まい子通信

以前の記事

2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧