<   2005年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

季刊誌『住む』に

山の学校が掲載されました。
農文協刊、12月27日発売の冬号。
「特集・もったいないの楽しみ方」【廃校再利用は、いま】の記事です。
(取材の様子は、このニュースの11月10日号『猪突猛進』に)

東京の台東デザイナービレッジや、茨城の大子おやき学校の例とともに、山の学校
の様子が、しっとりと、気負いなく紹介されています。
(なんと、一番ページ数が多い)
 
e0001954_933563.jpg



この雑誌は事務局も以前から愛読しておりまして、
取材の依頼があったときはびっくりしました。


既にしっかりと活動している二校に並んでの紹介で、気恥ずかしいことしきりですが、
とても光栄でもあります。




取材を受けると、山の学校のあり方を客観的に見ることができ、とても勉強になります。

山の学校が完成するのは、まだまだ先だと思ってはいますが、これまでにも
戸渡の人たちや応援団、協力して下さった本当にたくさんの人たちとで、ひとつ
ひとつ、小さな完成形を積み上げていたのですね。
ありがたい事です。(涙)


さて、いよいよ今年も後3日。
戸渡では、上條さんが2週間滞在し、事務局の稼業でこき使われながら、極寒の戸
渡を体感し、住まいの準備を始めています。

e0001954_107221.jpg


とりあえず、事務局の仕事場の二階に
住み、織り工房を分校の物置(旧音楽
室)を改修して作ります。

暖かくなったら遊んであげて下さい。


先日、17日の戸渡地区臨時総会で、地区のみんなに上條さんを改めて紹介。
村一番の若手となるため、みんなの目は期待でキラキラ輝いていました。

この総会では、次年度以降の分校使用について、地区の人のスタンスを確認し合
い、校舎校庭の購入の可否、その金額や資金づくりなどについて話し合いました。
また、学校の運営以外にも、農的事業についてプランを話し合いました。(この
内容は企業秘密よ)

来年は、また一歩前進する(予定の)山の学校=戸渡地区です。


さて、ニュースを通して山の学校を見つめて下さっている方々、様々な形でサポー
トして下さっている皆様、今年も大変お世話になりました。
おかげさまで、今年も相変わらずの七転八倒ながら、なんとか無事にじりじりと
前進する事ができました。

戸渡地区民一同、そして戸渡リターンプロジェクトから、心よりお礼申し上げます。
どうぞ皆様、おからだを大切に、よいお年をお迎えくださいね。


ー季刊誌『住む』は全国の書店で販売されています。読んでみて下さい。ー
by yamanogakkou | 2005-12-29 10:51

この冬は

一段と寒さが厳しいようです。
先週の大雪の中、戸渡では長老の葬儀でしたが、お坊さんも山を上がって来れず、
一切の儀式を小川の町うちで行ないました。
またひとつ、山間地の慣習が形を変えていきました。

さてさて、ところで嬉しいニュースです。
今年4回目になる『ムービー俳句・短歌祭』で『山の学校グッズ研究会・絵本制作
委員会』の笠井ちゃんの作品『出会い』が入賞しました。

e0001954_180471.jpg


   とわだ遊学の森で森の妖精たちを
   元気に遊ばせた力作。

   審査員の目は点になったとか。




また、光洋高校美術部の須藤麻之さん、田所彩さん、斉藤亜美さんの3人が
優秀賞を獲得。
この賞金から、山の学校に多額の寄付をして下さいました。
大感謝! 大感激! ありがとうございました。 (涙)  有効に使わせていただきますね!

e0001954_1804013.jpg

応募作品は海外も含めて
全国から177作品。

優秀賞は全部で5人。
この中に光洋生3人が選ばれました。
大快挙!!



笠井ちゃんの応募作品3点にテロップを入れて、このホームページの表紙で順番に
紹介します。。見てね。(今回のは『遊ぼ』です。)

『ムービー俳句・短歌祭』は森美術館、いわきデザイン会などの主催で毎年行なわ
れています。
いわきから全国に発信しているすてきな事業です。
来年は「山の学校」でも応募しますよ。皆さんもいかがですか。
ムービー俳句・短歌祭ブログ   http://blog.m-h-t.daa.jp/

尚、12月21日から25日までいわき市文化センターで行なわれる『手作り絵本
展』に、山の学校絵本制作委員会が、妖精たちの絵本を出展します。
是非見に行って下さい。
by yamanogakkou | 2005-12-13 23:11

『日々の新聞』で紹介

『日々の新聞』の66号、11月30日発行の特集として「山の学校通信」が掲載
されました。

今年の元旦号に続いて、今回も真ん中の見開き2ページにドカンと載せて
いただき、またもやびっくり仰天。
ひえ〜。
e0001954_132731100.jpg

リターンプロジェクト設立から5年目を迎え、冬を迎える山の学校の様子が
たくさんの写真とともに紹介されています。

また次に載せていただける事があれば、今度は戸渡のみんなの笑顔が紹介
できるように、がんばらなくては、と思いました。

e0001954_14214810.jpg



『日々の新聞』は長く新聞記者をなさっていたお二人が、いわきの地に深く心と想いを込めて編んでいる質の高い冊子です。
皆さんもこの機会にぜひ読んでみて下さい。
意外な「いわき」をたくさん知る事ができます。





新聞のお申し込みは、山の学校HOMEの『よろず窓口』か『日々の新聞社』へ  
日々の新聞社URL http://www.hibinosyinbun.com/
by yamanogakkou | 2005-12-03 14:37


あ!


by yamanogakkou

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ようこそ やまのがっこうへ


 メインサイト
ようこそ やまのがっこうへ


いわきのはじっこ
山のなか
小さなむらがありました
むらのまんなか道のそば
ふるい校舎がありました
大事にして町のみんなに
つかってもらおう

むらのはじっこ
森のなか
おおきな川がありました
二百年生きたモミの木や
天までのびたフジのつる
草刈って 町のみんなにも
みせてあげよう

20人のむらびとが
えんやらどっこい
がんばった
それを見ていた町のひと
みんなたのしく
おてつだい



ブログパーツUL5

ライフログ

フォロー中のブログ

止まるとこける百姓日記
イシハナ雑記帖
朱鷺に守られて佐渡ヶ島の...
まい子通信

以前の記事

2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧