2009.10.2:集落跡を歩く

たまには遠くの空気を吸って気分転換を、と、思い切って5日間も家を空け、へとへとになって帰ってきてからすぐに臨時のミーティングを開き、ちょっとヘビーな議題も出てまして。

この日、ナイトハイクの野外料理においでになった小川町のボーイスカウト15名の方たちには、大変失礼してしまいました。
すみませんでした。


そしてその翌日は戸渡のちいさなお祭。
朝から神社などを清掃して、餅をついてお祝いし、お昼過ぎにはほぼ散会となりました。

戸渡の皆さんのほのぼのとした笑顔をお伝えしたかったのですが、カメラを忘れるという失態で、ぜひお見せしたかった芳子おばちゃんの餅づくりを激写し損ないました。
はあ〜〜。

さて、そしてその翌日、
慶應義塾大学湘南キャンパスから、一ノ瀬準教授と院生の小山さんがおいでになりました。
小山さんは先月からときどき元教員住宅に泊まって、戸渡と周辺の地域の調査を始めています。

e0001954_20135593.jpg

ピクニックコンサートのときもスタッフになってくださり、すっかりやまのがっこう色に染まっていましたっけ。

今回は一ノ瀬先生のご用件で、戸渡に隣接する十文字地区と幸之助地区を一緒に歩きました。

私もこの集落のことはとても気に掛かっていたので、勇んで道案内を申し出たのですが、幸之助地区の空き家はもう跡形もなく、あった場所すらほとんど分かりませんでした。

e0001954_20193545.jpg
e0001954_2020299.jpg

ひとつの終焉を迎えた集落の姿。

大自然はあっという間にそれらを呑み込んで、何事もなかったように粛々と生命活動を続けています。

e0001954_20272721.jpg

「自然との共生」という言葉はもうすっかり手垢がついていますが、ほんとうにそんな言葉では現しきれない、もっと偉大で荘厳なものの中で、わたしたちはごく小さな存在として生かされているということ、当たり前のそんなことに、改めて不覚の涙をこぼした日でした。
by yamanogakkou | 2009-10-02 20:29


あ!


by yamanogakkou

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ようこそ やまのがっこうへ


 メインサイト
ようこそ やまのがっこうへ


いわきのはじっこ
山のなか
小さなむらがありました
むらのまんなか道のそば
ふるい校舎がありました
大事にして町のみんなに
つかってもらおう

むらのはじっこ
森のなか
おおきな川がありました
二百年生きたモミの木や
天までのびたフジのつる
草刈って 町のみんなにも
みせてあげよう

20人のむらびとが
えんやらどっこい
がんばった
それを見ていた町のひと
みんなたのしく
おてつだい



ブログパーツUL5

ライフログ

フォロー中のブログ

止まるとこける百姓日記
イシハナ雑記帖
朱鷺に守られて佐渡ヶ島の...
まい子通信

以前の記事

2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧