うれしいお客様と草野心平記念文学館


週末の校舎開放の日に用務員の樋口さんと校舎の整備などをしていると、R399をたくさんバイクや車が通ります。

ほんとうに暖かくなりました。

国道沿いのやまのがっこうの看板、作り直さなきゃなぁ、と考えるも、デザインが未だ決まらず。
まあいいか、のんびりやらないと疲れちゃうよね。(笑)

解放の日、北茨城から森の下見にいらっしゃた方と久しぶりにロングコースを歩いたら、息が切れて切れて、冬休みの間にたまった皮下脂肪を実感し。

そして、昭和59年の分校卒業生のファミリーが遊びに来てくださり、校舎でまったりしてから、持参のサッカーボールで遊んでいきました。

e0001954_11392384.jpg

校庭、一人占め。・・・わーい。

e0001954_1141892.jpg
e0001954_11414819.jpg


素敵なファミリーだったなあ。
私も思わず、作業の手を止めて観戦させていただきました。



そして、昨日。
このブログに何回も登場してくださっている関内幸介さんをお訪ねするため、市内小川町の草野心平記念文学館に行ってきました。

関内さんは今年度から記念館の副館長になられました。

e0001954_11565988.jpg

草野心平記念文学館には、旧‘戸渡リターンプロジェクト実行委員会’の旗揚げイベント=第一回山の音楽会「草野心平ゆかりの地を結ぶ」で連携していただき、記念館と、川内村天山文庫と、そして山の学校(当時は漢字でした)と、3カ所移動型のコンサートをおこないました。

これはちょうど8年前、とわだ分校(旧小川小学校戸渡分校)の廃校を目前に、人口20人の小さな集落が立ち上がってスタートした活動の第一歩でした。記念館だけでなく川内村にも協力していただいた本当に思い出深いイベントです。

以来、記念館には何かとお世話になっていますが、入り口受付前にはやまのがっこうの展示コーナーもあります(汗)。

e0001954_1259257.jpg

ここではやまのがっこうグッズ研究会が作ったキャラクター(小川の森の妖精)と絵はがきを販売していただいています。記念館に多謝。


ちょうど行われていた心平さんの書画展も観て、そして帰り際、記念館のロビーから早春のあぶくま山系を眺めました。

e0001954_1274244.jpg


やまのがっこうは、どのあたりなんだろう・・。
by yamanogakkou | 2009-04-23 13:50


あ!


by yamanogakkou

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ようこそ やまのがっこうへ


 メインサイト
ようこそ やまのがっこうへ


いわきのはじっこ
山のなか
小さなむらがありました
むらのまんなか道のそば
ふるい校舎がありました
大事にして町のみんなに
つかってもらおう

むらのはじっこ
森のなか
おおきな川がありました
二百年生きたモミの木や
天までのびたフジのつる
草刈って 町のみんなにも
みせてあげよう

20人のむらびとが
えんやらどっこい
がんばった
それを見ていた町のひと
みんなたのしく
おてつだい



ブログパーツUL5

ライフログ

フォロー中のブログ

止まるとこける百姓日記
イシハナ雑記帖
朱鷺に守られて佐渡ヶ島の...
まい子通信

以前の記事

2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧